発達障害サポーターズスクールの評判・口コミまとめ@料金はいくら

 

 

 


発達障害サポーター'sスクール

発達障害サポーター'sスクール

 

発達障害サポーターズスクールとは?

発達障害サポーターズスクールは、一般社団法人子ども・青少年育成支援協会が主催する発達障害の支援を学ぶためのスクールです。
専門知識のない方でも一から発達障害支援のためのさまざまな知識や技能を学ぶことができ、無料のオンライン講座や資格取得をサポートしてくれて自宅からいつでも学ことができます。

 

講座を受けた後、試験に合格すると「発達障害学習支援サポーター」の資格をとる事ができます。

 

発達障害学習支援サポーターがおすすめの人

 

家庭内での学習サポートに役立てたい人
専門資格保有者で発達障害児の学習支援について学びたい人
子供と関わる機会が多い人で発達障害について学びたい人

 

まずは無料会員登録

発達障害サポーター'sスクール

発達障害学習支援サポーター資格の合格までのスケジュール

 

資格取得の流れ

STEP1:以下の3つの講座を受講(オンライン受講OK)
 1.発達障害基礎理解講座Ⅰの受講
 2.発達障害基礎理解講座Ⅱの受講
 3.発達障害学習支援サポーター養成講座 の受講

 

発達障害基礎理解講座Ⅰは任意受講、

発達障害基礎理解講座Ⅱは資格保有者が免除ですが、いずれも試験範囲です。

イチから学べるので、基礎から学べる発達障害基礎講座Ⅰの受講おすすめします。

↓↓↓↓↓

STEP2:試験
(全国の会場から日時を指定して受験)

↓↓↓↓↓

STEP3:合格

↓↓↓↓↓

STEP4:サポーター資格登録
資格にはレベルが3段階あります。
自分のレベルや必要性に合わせてステップアップができます。

資格は3種類

レベル1:発達障害学習支援サポーター
レベル2:発達障害学習支援シニアサポーター
レベル3:発達障害学習支援エキスパートサポーター

 

 

STEP5:1年ごとに資格を更新する

 

 

 

詳しくはこちら

発達障害サポーター'sスクール

 

発達障害支援サポーター資格の特典

発達障害学習支援サポーターは、専門資格保有者のスキルアップだけでなく発達障害の子どもとの関わりに役立てたい場合でも活用できます。
また、この資格は発達障害を抱えるこどもたちを対象として作られた資格です。
一人一人の特性を理解し、子どもにピッタリの学習支援がないと学習意欲や、自己肯定感の低下につながります。

資格の特徴
  • 発達障害の基礎から学びやすい
  • 知識がなくても取り組める内容
  • 1~3レベルまで受講できる資格
  • 関わり方が明確になりやすい
  • 子どもと適切な関わりが分かる

 

認定者特典
  1. 資格名称の名刺や履歴書などへの記載
  2. 公開講座の割引
  3. 講座のオンライン再受講無料(基礎Ⅰ、Ⅱ、サポーター養成講座)
  4. 発達障害支援関連の仕事情報の提供(準備中)

詳しくはこちら

発達障害サポーター'sスクール

 

資格取得までの料金

資格を取得するには以下の料金が掛かります。

基礎講座料金

すべてオンライン受講が可能です。
税込

名称 受講料 内容

発達障害基礎理解講座Ⅰ
2時間

3,300円/1名

◆発達障害という見えにくく、分かりにくい障害についての全体像や概要を学ぶための講座
◆任意受講の講座だが試験範囲

発達障害基礎理解講座Ⅱ
6時間

6,600円/1名

◆支援者という立場で発達障害の子どもたちと関わる際に知っておきたい知識やノウハウを学ぶ講座
◆専門資格を持っていない方は必須

試験料(養成講座+試験がセット)

すべてオンライン受講が可能です
税込

名称 試験料+受講料 内容

 

発達障害学習支援サポーター

試験料+養成講座
5時間

29,700円/名

◆5時間の養成講座を含む
◆学習支援ノウハウの全体像を把握して頂き、支援に求められる考え方や方法論を学んで頂く資格

 

発達障害学習支援シニアサポーター
試験料+養成講座
6時間

39,600円/名

◆6時間の養成講座を含む
◆学習支援の指針や具体的対応を考えていく上で必要となる、アセスメントの基礎知識や実際的ノウハウを学んで頂く資格です

 

発達障害学習支援エキスパートサポーター

試験料+養成講座

6時間

55,000円/名(税込)

◆養成講座9時間を含む
◆子どもたちとの「関わり、コミュニケーション面」における課題から「教科学習促進」における課題まで様々な課題に対応する実践的な内容を学んで頂く資格
◆エキスパートサポーター養成講座はⅠ講義編(収録型オンライン講座)とⅡワークショップ編(リアルタイム配信オンラインワークショップ)の二部構成

全国どこからでも受験できます
専門の試験会場にてコンピュータを利用して実施するCBT方式を導入しており、全国47都道府県の約200の試験会場からお近くの会場を選び、ご都合の良い日時に試験を受けていただけます。

 

更新料
更新料金 1年単位:7,000円
試験不合格者:再受験料:5500円

何度でも受験が可能です
試験不合格であったとしても、再受験料5,500円をお支払いいただくことで、何度でも再受験が可能です

 

 

発達障害基礎理解講座IIをうけて受講証明証をもらえたら履歴書に資格としてかけますか?

受講証明証は、「講座を受けた」ことを証明するものなので、資格にはなりません。資格制度の養成講座を受講し、資格試験に合格されることで資格取得となり、履歴書に資格として記載いただくことが可能となります。

 

発達障害サポーターズスクールの特徴

 発達障害支援サポーターの合格率は?
ここからは2021.9.22現在の最新情報をご紹介します。実はSNS上で発達障害コミュニケーションサポーターの試験は、児童発達支援士よりも難易度が高いという書き込みがいくつか見られます。確かに合格率は80%程度となっており、児童発達支援士よりも少し合格率が低く難しいと言えそうです。

 

だれでも試験を受けられる?

発達障害支援サポーターの試験はだれでも受験できます。

 

以下の資格をもっている方、または、「発達障害基礎理解講座II」(6時間6,600円)の講座を受講すれば条件クリアです。

 

資格試験受験要件

(1)、(2)のいずれかに該当する方。
(1)発達障害基礎理解講座II 受講修了者
(2)以下の資格保有者
臨床心理士、臨床発達心理士、社会福祉士、精神保健福祉士、教員免許、保育士、幼稚園教諭、医師、看護師(准看護師)、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、児童発達支援管理責任者
(提出物:資格保有を証明できる書類(コピー可))

 

詳しくはこちら

発達障害サポーター'sスクール

 

発達障害サポーターズスクール(サポスク)口コミ・評判まとめ

受講者からの評判は好評で

満足度97%となっています。

 

 

発達障害サポーターズスクールの良い口コミまとめ

オンライン授業は聴き直せるのが有り難い。
受講内容が濃い

 

発達障害サポーターズスクールの悪い口コミ

 

 

 

 

発達障害サポーター'sスクールでは無料の講座もある

 

 

 

 

発達障害サポーター'sスクールのデメリット

スクールのデメリットではありませんが、
資格を受ける際のデメリットがあるので把握しておきましょう。

デメリット

  • 費用が結構掛かる
  • 1年ごとに更新が必要(7,700円)

 

受験料金が結構かかる

 

たとえば、イチから資格を取ろうとすると、発達障害学習支援サポーターの場合、39,600円かかります。
内容の濃い受講が安い料金で聞けて料金安い!
という声もある一方で、費用が結構かかり大変だという声もあり人によって異なる意見となっています。


    1年ごとに更新が必要(7,700円)

1年ごとに資格を更新するため料金が発生します。

 

 

口コミから分かるメリット

 

  • オンライン授業なので後から聞き直せるのが有り難い
  • 受講内容が濃い
  • 発達障害サポーターズスクールがあったおかげて試験が楽勝だった
  • 楽しい授業と尊敬する先生に出会える
  • 動画がわかりやすい
  • 基礎からアドバンスまで、学びたいレベルまで進められる
  • 何より安い
  • 学習だけでなく、障害特性や関わり方、支援者としての考え方など色んなことを学べる

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は発達障害サポーターズスクールの口コミ・評判、料金についてご紹介しました。

 

発達障害サポーターズスクールの口コミは評価は「ほぼ満点」です。

 

子どもとの適切な関わり方や距離感が分からない…と悩んでいたら、基礎から効率よく学べるカリキュラムで、スキマ時間にスキルアップしてみませんか?

詳しくはこちら

発達障害サポーター'sスクール